自己紹介

こんにちは。ハンドルネーム「Javaを復習する初心者」です。このページでは簡単に自己紹介を書きます。

学生時代のプログラミング経験

大学2年のとき、C言語の講義を履修しました。確か前期はポインタや構造体までをやってような気がします。後期は数値解析のアルゴリズムをやっていたような気がしますが、もう覚えていません。

大学3年のとき、C言語を使って、円周率の近似値を求めるプログラム、ニュートン法で方程式の解の近似値を求めるプログラムを作りました。たしか、多倍長演算のアルゴリズムを使った記憶があります。

大学4年のとき、Java言語を独学し、Javaアプレットを作成しました。フラクタル図形を主に扱う研究室に所属し、自分でも描画してみたいと思ったのが動機で、当時はホームページ作りをしていたものあって、ブラウザで動くJavaアプレットを作ろうという気になりました。しかし、ブラウザ上で動くため、描画したものを保存することができないということになり、Borland C++ Builderを使ってbmp保存できるものを作りました。

それよりもっと昔の中学時代、プログラムを写経するような授業(パソコンに打ち込んで実行する)がありました。ほとんど記憶にないのですが、Aドライブ、Bドライブにフロッピーディスクを入れて起動していたような。言語はBASICだと思います。行番号を打ち込んでいたのは覚えてます。

社会人時代のプログラミング経験

特定派遣の会社に所属し、いくつかの開発現場でJavaプログラミングをしました。Java開発歴2年ほどです。ただし、毎回Javaばかりではなく、JavaScript、VBA、シェルスクリプトを作成することもありました(何故そのような話の流れになったのかは私自身は把握してません。)。あと、データベースの値を調べる作業でSQLを組むこともありました(といっても単純はSQL文ですが)。あとはエクセルでドキュメント修正という作業もあって、就職前の想像と違い、色んな知識が必要でした。

このブログを始めた理由

Javaの知識が意外なところで抜けていたり、案外知らなかったりする基礎があるので、Javaをもう一度最初の基本的なところから復習しようと思いました。学習を続けるモチベーションを維持するため、ブログをやることにしました。