こんにちは。ハンドルネーム「Javaを復習する初心者」です。このサイトはプログラミング言語Javaの復習・学習をするブログです。プログラムの開発・実行はEclipseで行ってます。
スポンサーリンク
お知らせ
  • 参考文献のページ作りました。
  • Amazon.co.jpアソシエイトに参加していますが、参考文献の紹介はもしもアフィリエイトに統一しました。
  • 2016年10月9日からは投稿ペースを落とします。週1回くらいにする予定です。
スポンサーリンク

int型とfor文

こんにちは。「Javaを復習する初心者」です。今回は繰り返し処理を記述することをやりました。

プログラム

プログラムでは似たような処理を何度も実行する場合があります。例として、「Hello World.」を5回、後に1, 2, 3, 4, 5と順番に数値を追加して出力するプログラムを書きます。似たような処理を繰り返す場合、for文を使います。

package test;

public class HelloFor {

    public static void main(String[] args) {

        String s = "Hello World.";
        int max = 5;
        for (int i = 1; i <= max; i++) {
            System.out.println(s + i);
        }

    }

}
Hello World.1
Hello World.2
Hello World.3
Hello World.4
Hello World.5

解説

maxというint型変数を宣言し、繰り返し回数を格納しました。後のfor文の箇所に直接数値書いてもよいのですが、何となく今回はこうしました。繰り返し回数が前の処理内容で変化する場合こんな感じになります。

for文の構文はfor(初期化; 条件; 更新) { 処理内容;… }です。初期化では変数宣言も使えます。条件には比較演算子で「iがmax以下」という条件。更新にはインクリメントを使ってiを1加算。ということで、5回処理を繰り返すことになります。

printlnで文字列の連結の結果を出力しています。a + bはa, bどちらかが文字列の場合、文字列の連結になります。