こんにちは。ハンドルネーム「Javaを復習する初心者」です。このサイトはプログラミング言語Javaの復習・学習をするブログです。プログラムの開発・実行はEclipseで行ってます。
スポンサーリンク
お知らせ
  • 参考文献のページ作りました。
  • Amazon.co.jpアソシエイトに参加していますが、参考文献の紹介はもしもアフィリエイトに統一しました。
  • 2016年10月9日からは投稿ペースを落とします。週1回くらいにする予定です。
スポンサーリンク

環境設定

こんにちは。「Javaを復習する初心者」です。環境設定について記載します。

WindowsノートPCを使っています。Javaのプログラミング環境は大きく分けて二つあると思います。ひとつはJava SE Development Kit (JDK)を使うことです。これはコマンドプロンプトでコンパイル・実行を行います。もう一つはGUIツールを使うことです。私はEclipseを使っています。

PC環境

使っているパソコンはDELLのノートパソコンWindows 10 Pro、メモリ2.0GB、32ビットです。

このノートパソコンにJavaの環境設定をしました。

  • 「Pleiades – 統合開発環境 Eclipse 日本語化プラグイン」のページからEclipse 4.5 MarsのFull Editionをダウンロード。
  • C:\pleiadesに展開。
  • 実行して、ワークスペースはC:\pleiades\workspaceに設定。

これで実行環境は整いました。

インストール作業詳細

「Pleiades – Eclipse プラグイン日本語化プラグイン」のページへ行き、「Eclipse 4.5 Mars Pleiades All in One」をクリックします。Downloadボタンがたくさんあるページが表示されます。そのうちのJava 32bit Full Editionをダウンロードしました。(bit数は使ってるPCに合わせて、32bitです。)ダウンロードしたファイルはpleiades-java-4.5.2-sfx.exeです。ダブルクリックのあと解凍ボタンを押せばC:\pleiadesフォルダができます。C:\pleiades\eclipseフォルダのeclipse.exeが実行ファイルです。このファイルのショートカットをデスクトップにおいておくと便利です。

起動するとワークスペースの選択ダイアログがでます。これは初期値「../workspace」のままで良いでしょう。OKボタンを押すとC:\pleiades\workspaceフォルダが作られ、Eclipseの画面が出ます。